ポケモン「ダイパリメイク」が炎上の理由は?グラフィックが原因か?評判や評価について!

エンタメ

ポケモンファンなら既にご承知のことかと思いますが、任天堂ポケモン社で2021年の冬に「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」を発売することを発表しています。

懐かしいとおもわれたファンもいると思いますが、早くも炎上騒ぎとなっています。

今回はポケモン「ダイパリメイク」が炎上の理由は?グラフィックが原因か?評判や評価についてご紹介してみます。

 

ポケモン「ダイパリメイク」とは?

「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」2006年に発売されたたニンテンドーDS用ソフト「ポケットモンスター ダイヤモンド」と「ポケットモンスター パール」のリメイク版にあたります。

「昔にやったことがあるぞ!」と思った人もたくさんいることでしょう。

私の子供たちも随分とお世話になったことを覚えています。

当時はニンテンドーDS時代でしたのでコンパクトサイズでしたがビジュアル的にも満足していたように思います。

このシリーズがリメイクして発売されるのが今回の「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」です。Nintendo Switch版で当時の内容が再現されており、シンオウ地方の冒険ができるソフトになります。

当時を懐かしむ人も新しく始める人も期待が膨らみますが、なぜか既に炎上騒ぎとなっています。

【公式】『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』初公開映像

ポケモン「ダイパリメイク」が炎上の理由は?グラフィックが原因か?

この「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」(以下、ダイパリメイク)が炎上している理由なのですが、どうもグラフィックが原因のようです。

「まだ発売されているわけでもないのになぜ?」と思った人もいるでしょう。

ダイパリメイクの制作会社は株式会社ゲームフリークではなく株式会社イルカですが、このことが大きく影響しているようです。

『Pokémon LEGENDS アルセウス』株式会社ゲームフリークが制作しますが、2022年初めに発売されることも同じタイミングで発表されています。

この2つの発売予定のゲームのグラフィックに大きな差があることで炎上騒ぎになっています。

確かに2つのソフトの紹介映像を見るとかなり差があるように思いますが、最近のグラフィック技術からすれば2006年のソフトをリメイクすると少し物足りなさを感じるのかもしれませんね。

【公式】『Pokémon LEGENDS アルセウス』初公開映像

ポケモン「ダイパリメイク」の評判や評価について!

では、「ダイパリメイク」の世間の評判や評価についてご紹介してみます。

Twitter投稿に多数あがっていましたのでいくつか目ぼしいものをご紹介してみます。

確かにグラフィックについては賛否両論がありますが、ストーリーなど2006年のものを再現するリメイク版であるので納得はいかないけれど楽しみでもある人も多いようです。

今回のソフトが株式会社ゲームフリークではないので外注したとの意見も多数ありました。

『Pokémon LEGENDS アルセウス』に力が入っているのでダイパリメイクは外注せざるを得なかったのではという意見です。

ポケモン「ダイパリメイク」の評判としてはリメイク版なのでいかに再現できるかのような意見も多く悪くはないようです。

しかしながらグラフィックにこだわる人にとっては不満が残りそうです。

いずれにしても2022年には『Pokémon LEGENDS アルセウス』も体験してみて「ダイパリメイク」を評価するしかなさそうです。

まとめ

今回はポケモン「ダイパリメイク」が炎上の理由は?グラフィックが原因か?評判や評価についてご紹介してきました。

ゲームファンとしては2006年の「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」のリメイク版をできるので楽しみではありますが、グラフィックの評価としては割れています。

その後、2022年発売予定の『Pokémon LEGENDS アルセウス』のプロモーション映像を見比べてしまったファンの意見が炎上騒ぎに発展してしまったのです。

皆さんはどちらのゲームをされますか?

きっとポケモンファンなら両方のゲームを購入されるはずですよね。

 

なく

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました