スマホゲームのウマ娘はエア炎上で人気か?本当に炎上商法だったのか?真実を調査!

エンタメ

人気スマホゲーム「ウマ娘~プリティーダービー」は2021年2月24日にリリースされていますが、1ヵ月程度で売上が100億円の超人気ゲームとなっています。

育成シュミレーションゲームですが、競走馬を美少女に擬人化したウマ娘を育ててレースに勝利するゲームなのです。

このウマ娘を巡っては炎上したかと思われましたが、実はエア炎上の噂があり炎上商法ではないかとの疑惑があがっています。

今回はスマホゲーム「ウマ娘」はエア炎上で人気か?本当に炎上商法だったのか?真実を調査してみました。

スマホゲーム「ウマ娘」はエア炎上で人気か?

アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」PV第2弾

スマホゲームの「ウマ娘」はスマホ版が早くリリースされており、パソコン版としては3月10日にリリースされています。

3月6日に情報番組で紹介されてから「何がウマ娘なの!」と女性がキャラクター化されて走らされることに対して女性蔑視との声があがります。

ネット上では「女性を馬扱いしているのではなく、馬を女性化しているんだ!」と反論があるなど対抗した意見がぶつかることもありました。

一方で「うまのプリンス様」というゲームもあり、こちらは馬を美男子に擬人化したゲームですが、男性蔑視の声はあがっていません。

こんなやり取りがありましたが、その後は炎上することもありませんでした。

スマホゲーム「ウマ娘」は本当に炎上商法だったのか?真実を調査!

実はこの「ウマ娘」というゲームには炎上商法の疑惑があがっています。

3月6日に情報番組で紹介されて世間で炎上沙汰になりかけたと思えば、翌日には市議会議員たちが「ウマ娘は炎上していない。良いゲームだ!」と発言することがありました。

タイミング良すぎるだろと思うような話ですが本当だったのです。

その後、「ウマ娘 フェミ」Twitterにてトレンドになっていました。

更に人気YouTuberがウマ娘の炎上動画を公開しています。

そして3月8日にはウマ娘に新キャラ実装、Twitterトレンド1位になっています。

この一連の流れからして偶然というにはおかしな点がたくさんあります。

インフルエンサーを使ってウマ娘を宣伝していたのではとの声があがっているわけです。

このゲームは面白いのは事実ですが、これだけのスピードで世間に知らされるようになるとは偶然ではないように感じます。

裏でインフルエンサーを使って拡散して世間に広めた可能性は高いでしょう。

まあ関係者がこの事実を話さないをわかりませんが、これだけ短時間で超人気ゲームになるためにはかなり準備したものと思われます。

まとめ

今回はスマホゲーム「ウマ娘」はエア炎上で人気か?本当に炎上商法だったのか?真実を調査してみました。

「ウマ娘」は女性蔑視との声もありましたが、インフルエンサーや市会議員などにより良いゲームであることも伝えられています。

YouTuberたちも取り上げるなど世間で影響力のある人たちが、このゲームの存在を広め大きくトレンドに乗っかり世間で評判のゲームとなっています。

確かにゲームも面白いのですが、競走馬と美少女の組み合わせとはよく考えたものです。

これからも更に人気ゲームになることは間違いなさそうです。

タイトルとURLをコピーしました