「牧場物語オリーブタウン」炎上の原因は?ファンの反応や本当の理由は?

エンタメ

Nintendo Switchのゲームソフト「牧場物語オリーブタウンと希望の大地」が2月末に発売されました。

2016年にニンテンドー3DS用に発売されてからシリーズとしては5年ぶりの新作ソフトになりますが、早くも炎上騒ぎになっています。

今回は「牧場物語オリーブタウンと希望の大地」炎上の原因は?ファンの反応や本当の原因は何か?についてご紹介してみます。

「牧場物語オリーブタウンと希望の大地」の炎上原因は?

2021年2月25日に発売されたNintendo Switch用ソフト「牧場物語オリーブタウンと希望の大地」ですが多くのファンが発売が楽しみでもあったこともあり既に購入してプレイしている人も多数います。

おじいちゃんと仲間たちで開拓した街「オリーブタウン」。主人公はそこで暮らすことが子供の頃からの夢でした。

都会から戻ってきた主人公が見た光景は荒れ果てた森でしたが、自ら森を切り開いて、作物を育てて、家畜を飼うことを始めます。

主人公はご自身なので一人一人で異なる牧場生活が始めることができます。

まさに都会生活に慣れた我々としては憧れの生活体験をゲームでできるわけなので早くもはまってしまうファンも多数のようです。

牧場物語 オリーブタウンと希望の大地 [Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.10]

この「牧場物語オリーブタウンと希望の大地」が早くも炎上騒ぎになっています。

原因はいくつかあがっていますが「ロード時間が長い」「バグだらけ」などの意見が多数寄せられています。

確かにバグっている、反応しないなどの意見が多数寄せられておりゲームの不具合と思われます。

また、他にも「キャラの立ち絵がない」「3Dキャラの表情変化がない」「カメラワークで顔が見えない」「キャラの会話が薄い」などAmazonのレビューにもたくさんの意見があがっていました。

最近ではあまりに多数の批判的な意見が多かったのかAmazonのレビューが消えていました。

これだけたくさんの批判的意見が寄せられているので炎上の原因はこれかと思いましたが、何やらこれだけではないようです。

「牧場物語オリーブタウンと希望の大地」ファンの反応や本当の原因は何か?

「牧場物語オリーブタウンと希望の大地」はファンによって待ちに待ったゲームだったようですが、

いろいろな問題点があがっています。

「ロードが長い」や「バグっている」などの不具合への対応は既に修正に動いているようです。

しかしながらこのような結果に至ったことに対する制作陣への不満は消えず炎上騒ぎに発展しています。

プロデューサーへの不満は募るばかりですが、レビューなど購入者情報も消えているあたりに不信感が集中しています。

ゲーム開発には時間もお金もかかるものですが、発売前に十分なテストも行っているはず。

しかしながら発売してみて気づくこともあるでしょう。

購入者の意見をしっかり聞いて対応していかないと隠しているように見えてしまうことに繋がりかねません。

結果は仕方ない部分もあるでしょうが、お金を使って購入する立場への配慮も十分に行ってほしいものです。

まとめ

今回は「牧場物語オリーブタウンと希望の大地」炎上の原因は?ファンの反応や本当の原因は何か?についてご紹介してみました。

待望のゲームの発売を楽しみにしていたファンでしたが、いろいろな不具合も重なり炎上騒動に発展しています。

しかしながら本当の意味での炎上騒ぎの原因は制作陣の対応に対する不満だったようにも思えます。

制作陣はゲーム発売に至る苦労もたくさんあったでしょうが、発売した後もいろいろな不満点は寄せられることでしょう。

しっかりと一つづつ丁寧に対応することでファンはついてくるはずですので、今後もしっかりと対応してほしいものです。

【関連記事】

「牧場物語オリーブタウンと希望の大地」がひどいとの噂!口コミまとめ

 

 

タイトルとURLをコピーしました