レペゼン地球とH氏との関係性は?給料や横領の真相について!

エンタメ

元レペゼン地球のDJ社長が今になってレペゼン地球の解散理由についての動画を投稿して注目が集まっています。

この内容を見て同情する視聴者もいたりしましたが、この動画に登場するH氏の反論動画まで登場するなど終わりのない戦いのようにも感じました。

レペゼン地球の商標権を巡って裁判にもなっているようですが、レペゼン地球とH氏との関係性は?給料や横領の真相について調べてみました。

レペゼン地球とH氏との関係性は?

DJ社長はレペゼン地球を2020年12月26日の福岡・福岡PayPayドーム公演にて解散していますが、この商標権を巡って揉めているようです。

DJ社長は既にCandy Foxxというグループ名で活動を再開していますが、レペゼン地球としての活動を辞めなければいけなかった経緯をどうしてもファンの皆さんに伝えたかったようです。

レペゼン地球への強いこだわりを感じますが、それもそのはずでH氏にいいように利用されて捨てられた感が強い動画でした。

本当のレペゼン地球 解散の経緯について

この動画を見る限りH氏のやり方は卑劣で、DJ社長をはじめとした元レペゼン地球メンバーを利用して儲けた上に会社を私物化してしまったようにもみえます。

実際にレペゼン地球の商標権はH氏にあるので、レペゼン地球時代の作品を自由に使うことができないのは事実のようです。

DJ社長はレペゼン地球で活動していた時には経理業務などすべてをH氏に任せていたようです。レペゼン地球を立ち上げた時にH氏は借金の返済に向けてサポートしてくれる存在で、信用して任せられる人だったことは間違いないでしょう。

しかしながら活動しているものの、メンバーの収入に対する不満が勃発し経理の全容を公開してくれないなども重なり、いつしかH氏に対する不満だらけになったようです。

動画でも借金返済後には会社の株を安価で買い戻せる約束をしていたのにできない会社から解雇されてしまったことやレペゼン地球の商標権がH氏にあり手出しできないことなど不満の発言を連発していました。

給料や横領の真相について!

H氏にはレペゼン地球立ち上げ時から経理を一任しており、ある意味、DJ社長は彼にお金の件については任せっきりでした。

DJ社長には6千万円もの借金があり、これを返済するにあたり助けてくれるといったH氏を頼ってしまったことは間違いありません。会社の株式もH氏が100万円出資したことで買い戻せないとなるとすべての権利を使えないのです。

現時点ではレペゼン地球の商標権はH氏にありDJ社長には簡単には戻りそうにありません。

なぜ今になってDJ社長はレペゼン地球へのこだわりを主張するのか気になりますが、一番は安い給料で働かされて権利まで剥奪されたことへの不満が大きいのでしょう。

最初はDJ社長が困っていたのでサポートして会社を立ち上げることに力を貸したのはH氏であったことは間違いありません。無事に多額の借金も返済できたのも事実だったはずです。

しかしながらH氏が会社を私物化していたことに対する不満や借金返済後の活動が自由にできなくなったことで許されなくなったのでしょう。

給料についても経理の全容を知っているのはH氏のみで決定権がH氏にあったようです。

H氏の息子への送金など見つかっており、会社で働いてもいない人物へお金が流れていたことでメンバーのH氏への不信感は高まっています。実際のところメンバーの給料よりもH氏の息子のほうが給料が高かったのでメンバーは激怒していました。

きっちりとした会社だと年1回会計監査もあることなので、実際に横領などがあれば問題になるはずです。今後、経理情報が公開されていくにつれて使途不明金などの詳細は鮮明になるに違いありません。

まとめ

今回はレペゼン地球とH氏との関係性は?給料や横領の真相について調べてみました。

レペゼン地球が解散して半年後にDJ社長が解散理由動画を公開したことで話題になっていますが、レペゼン地球時代の権利が何もないことに対する不満からのようです。また、給与などの処遇面だけでなく、経理の全容を明かしてくれないH氏への批判はエスカレートしています。

H氏の息子への給料が振り込まれるなど会社に勤務実態のない人にまで会社のお金が使われており、使途不明金に対する調査が進むにつれて全容が判明するでしょう。

さすがにこのタイミングの動画投稿なのでCandy Foxxの宣伝活動なのかとも思ってしまいますが、DJ社長の涙ながらの訴えを皆さんはどのように感じたでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました