ふしぎ駄菓子屋銭天堂で店主の紅子が硬貨の製造年を言っているのにはどんな意味があるのか?

エンタメ

「ふしぎ駄菓子屋銭天堂」小学生に人気しているのはご存知でしょうか?

昔、放映していた「笑うセールスマン」を覚えている人もいるかもしれませんが、時代が経過しても同じようなアニメは流行るものです。

短編の児童小説でしたが人気のあまりアニメ化がされています。

特殊な駄菓子で夢を叶えてあげるというものですが、注意書きをよく読まないと悪いことが起こってしまうというストーリーです。

活字嫌いの子供でもハマってしまうようですのでお子さんにも読ませてみるのもいいのかもしれません。

今回はここに登場する店主の紅子がストーリーの冒頭に硬貨の製造年を言ってるのですが、どんな意味があるのかご紹介してみます。

「ふしぎ駄菓子屋銭天堂」で店主の紅子が硬貨の製造年を言っているのにはどんな意味があるのか?

「ふしぎ駄菓子屋銭天堂」では冒頭に店主の紅子がガラガラ抽選機を回すシーンがあります。

この時に製造年の入った硬貨の玉が出てきます。

この製造年は何なのでしょうか?

硬貨は金額が書いてありますのでその金額で駄菓子を販売することはわかりますが、製造年に何の意味があるのかが気になります。

【公式】アニメ「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」第1話「型ぬき人魚グミ」

実はこの製造年はただの硬貨ではいけないという意味を持っています。

紅子が販売している駄菓子は誰もが買えるわけではありません。

何か悩みを解決したい人物だけが紅子がいる「ふしぎ駄菓子屋銭天堂」に辿り着くことができます。

第一話では泳ぐことが大の苦手な小学生が急に泳げるようになりますが、このきっかけは銭天堂で購入したグミのお菓子がきっかけでした。

小学生が持っていたのは昭和42年の10円玉でしたが、この製造年の10円玉を持っているこの小学生だけが銭天堂に辿り着くことができたわけです。

つまり冒頭で紅子がガラガラ抽選機を回すのは駄菓子を販売する人を特定するためで、その目印は特定の製造年の入った硬貨となるわけです。

偶然に銭天堂に辿り着けるわけではなく選ばれた者だけが辿り着ける駄菓子屋ということになります。

まとめ

今回はここに登場する店主の紅子がストーリーの冒頭に硬貨の製造年を言ってるのですが、どんな意味があるのかご紹介してみました。

紅子は悩みのある人を見つけて助けてあげるのですが、この悩みのある人を特定するためにガラガラ抽選機を回しています。

出てきた玉には製造年と硬貨の金額が記されていました。

そしてこの特定の製造年の硬貨を持っている人のみが銭天堂に辿り着くことができるのです。

つまり硬貨の製造年は悩みのある人物を特定する意味を持つということになります。

短編の児童小説ですがなかなか奥が深いストーリーとなっていますので、まだ読んだことのない人は是非とも手に取ってみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました