鬼滅の刃(無限列車編)アカデミー賞候補に選ばれない理由は?口コミから原因を考察!

エンタメ

アメリカで映画にとって名誉な賞である第93回アカデミー賞のノミネート作品が発表されました。

昨年、日本で爆発的なヒット作品になりました鬼滅の刃(無限列車編)も長編アニメ映画賞の候補として期待されましたが、残念ながら候補作品には選ばれませんでした。

今回は鬼滅の刃(無限列車編)アカデミー賞候補に選ばれない理由は?口コミから原因を考察してみました。

鬼滅の刃(無限列車編)アカデミー賞候補に選ばれない理由は?

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』公開中PV

第93回アカデミー賞の長編アニメ賞の候補作品として選ばれたのは以下の作品です。

  • 「ソウルフル・ワールド」(ピート・ドクター監督) 米ディズニー
  • 「2分の1の魔法」(ダン・スカンロン監督) 米ピクサー
  • 「フェイフェイと月の冒険」(グレン・キーン監督) 米国、中国合作映画
  • 「ウルフウォーカー」 アイルランド、ルクセンブルク合作映画
  • 「ひつじのショーン UFOフィーバー!」(リチャード・スターザック、ウィル・ベッカー監督) 東北新社配給

鬼滅の刃(無限列車編)は2月26日から3月4日まで米フロリダ州マイアミの劇場で限定上映されていました。

長編アニメ賞に選ばれるためにはアメリカのロサンゼルスにて1週間上映されることが必須だったため、コロナ禍であったものの実施されたようです。

このような涙ぐましい努力もありましたが、アカデミー賞候補には選ばれませんでした。

その理由は何だったのでしょうか?

一番、声が多かったのは長編アニメではあるものの、映画が最後まで終わっていないことでした。

鬼滅の刃(無限列車編)は続編がありますが、この前後にストーリーがあり、一つの作品で映画が完結できていないことが最大の原因ではないかと言われています。

鬼滅の刃(無限列車編)アカデミー賞候補に選ばれない理由の口コミまとめ!

鬼滅の刃(無限列車編)がアカデミー賞候補に選ばれない理由についていくつか口コミをご紹介してみます。

口コミを見る限りでは残念がっている人もいれば、選ばれるわけないとの声が多いようですが、肝心の理由まで記載しているものは少ないようです。

もともと映画ではなくテレビアニメの映画化だからではないのかとの声もありました。

確かにテレビアニメから映画化されたものであるのは間違いないです。

興行収入だけをみればすごい実績ではありましたが、映画という点では評価が難しい作品といえます。

結局のところ一つの作品で完全に完結していない映画であることは間違いなく、選ばれなかった最大の原因ではないでしょうか?

まとめ

今回は鬼滅の刃(無限列車編)アカデミー賞候補に選ばれない理由は?口コミから原因を考察してみました。

興行収入だけみれば、日本では記録的な映画ですが、コロナ禍であまり映画が上映されなかった2020年であったことも事実です。他の作品と比較するには難しい年度だったのかもしれません。

それよりも鬼滅の刃(無限列車編)は一つの作品で完全に完結できていないので、このことがアカデミー賞候補に選ばれなかった原因だったのでは?

鬼滅の刃はアカデミー賞候補作品には選ばれませんでしたが、ファンとしては次なる作品を期待したいですね。

タイトルとURLをコピーしました