半沢直樹2は何話まであるのか?最終回はいつごろか?

エンタメ

高視聴率を維持している半沢直樹ですが、前作以上に盛り上がりをみせています。

今回は半沢直樹が挑む相手が社内レベルに止まらない国家権力を持つ立場であるため簡単に解決できない問題だらけですが、こんな難題を乗り切ろうとするサラリーマンの姿に人々は魅力を感じて、つい見てしまうのではないでしょうか。

8月末で第7話まで放映されていますが、半沢直樹2は何話まであるのかについては第10話で終了だと思われます。

なぜ10話で終了するのか?また、最終回はいつごろなのでしょうか?について調べてみました。

半沢直樹の前作は何話で終了したのか?

[新ドラマ] 日曜劇場『半沢直樹』前回シリーズ特別総集編・前編 7/5 後編 7/12 (日)よる9時放送!!【TBS】

前作の2013年に放映された半沢直樹ですが、第10話で終了していました。

第1作目は92分の最近ありがちな初回特別版の延長放送でした。

【第1話】

やられたら倍返し!悪い上司に立ち向かうニューヒーロー誕生!!
5億を取り戻せるか?社宅での妻たちの戦い 出世か?友情か?

【第2話】

上司の濡れ衣を振り払え!悪者に倍返し

【第3話】

クソ上司に倍返し!部下のピンチを救えるか? 裏切り者も出現

【第4話】

10倍返しなるか!上司と部下の裏切り

【第5話】

半沢が出向に・・・!?生き残りをかけた戦

【第6話】

5億から120億!東京で、倍返しなるか 本店に異動した半沢は巨大な敵と戦う!!

【第7話】

半沢が土下座する!絶体絶命の大ピンチ

【第8話】

強敵ライバル登場!負ければ出向の危機

【第9話】

最終決戦~出向をかけた金融庁検査!!

【第10話】

最終話スペシャル 100倍返しなるか

最後に土下座するのは誰だ!~衝撃の結末!!友情か?裏切りか?

前回は最後に大和田常務(香川照之)の敗北で終わっていますが、大和田は頭取(北王子欣也)に救済されて役員の立場は維持されました。

結局のところ社内の悪事を暴いた半沢直樹が子会社へ出向。2020年の第2弾は子会社の証券会社勤務からスタートしています。

サラリーマン社会では役員以上とそれ以外ではこれほど待遇の差があるのかと思いながらも半沢直樹の子会社での活躍に期待しながら見ている人も多いでしょう。

半沢直樹2は何話まであるのか?最終回はいつごろか?

日曜劇場『半沢直樹』8/30(日) #7 最恐の敵 【TBS】

半沢直樹2では子会社の東京セントラル証券が手掛けた仕事を親会社の東京中央銀行に奪われ、対決することになってしまいます。

大和田の部下であった証券営業部長の伊佐山泰二(市川猿之助)が大和田の復讐のためいろんな手を使って半沢潰しを策略、子会社の仕事を親会社が横取りして手柄をあげようとしました。

最終的には半沢直樹が伊佐山部長の盲点を見抜いて、東京中央銀行の巨額の損失を未然に防ぐに至っており東京中央銀行に返り咲いています。

しかしながら更なる大きな国家権力と立ち向かうことになってしまいますが、第7話目ぐらいから国家の黒幕の登場、社内の裏切り者があぶり出されるなどドラマも終盤に差し掛かってきました。

【第1話】 7月19日
子会社VS銀行!飛ばされた半沢の新たな下克上が始まる

【第2話】 7月26日
卑怯な上司に倍返しだ!子会社プライドで仲間と戦え!!

【第3話】 8月2日

黒崎襲来!な・お・きにお仕置きよ!!

【第4話】 8月9日

半沢、絶対絶命!カギは因縁・大和田!?

【第5話】 8月16日

悪徳政治家に倍返し!卑怯な政府から500億を守れ

【第6話】 8月23日

ついに半沢、敗北!?牙をむいた政府の刺客、黒崎登場!

【第7話】 8月30日

裏切り者は誰だ!!政府と直接対決へ・・・

7月19日から8月9日まで放映された内容は半沢直樹が東京セントラル証券へ出向して親会社の東京中央銀行と対決、親会社の巨額融資による損失を未然に防ぎ銀行に返り咲くというストーリーです。

原作でいえばロスジェネの逆襲のストーリーになります。

後半の8月16日からは銀翼のイカロスのストーリーで国家権力に命じられた銀行の500億円の債権放棄を防ぎ帝国航空を再建できるかというものです。

現在のところ最終回の日程の公表はありませんが、原作の進み具合から、前作が第10話で終了していることからみてもおそらく第10話完結でしょう。

よって最終回は9月20日かと思われます。

ただし9月に入り、コロナの影響で撮影スケジュールが遅れているとのこと。半沢直樹の特別番組が1週入るそうですので9月27日が最終回の可能性も出てきました。

TBSだけではありませんが、ドラマのシーズンは4シーズンです。

1月、4月、7月、10月の4つのシーズンに新作ドラマがスタートすることが一般的でNHKの大河ドラマなどは1年を1クールとしている点では特殊な例といえます。

9月いっぱいで終了すれば次ドラマが10月から立ち上がることができるので、10月以降に半沢直樹2が継続することはおそらくないでしょう。

キャストである俳優たちも次のドラマ、映画などの出演依頼もあるでしょうし、1本の作品で拘束し続けることは難しいといわれています。

まとめ

高視聴率ではありますが半沢直樹2は第10話で終了するものと思われます。一般的にドラマの放映は1年で4シーズンありますが、今回のTBS系ドラマは10月に次の作品の放映予定があるはずです。

最終回も9月20日が濃厚と思われますが、個人的には内容が面白いので更に引き延ばしてほしいところです。

ただしここにきてコロナの影響で撮影スケジュールが遅れている情報もあり、半沢直樹の特別番組が1週入るとのことです。よって9月27日が最終回ではないでしょうか?

半沢直樹の次作のオファーが原作者には依頼されているとの声もありますが、将来的には半沢直樹が頭取になるストーリーもあるのではといわれています。

半沢直樹のように強い者に立ち向かうサラリーマンでありたいところですが、実際のところなかなかそうもいかないでしょう。

自分はできないけどこうでありたい思いがこのドラマが高視聴率である理由なのかもしれません。

最終回まで目が放せない半沢直樹2ですが最後まで楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました